はたママのつぶやき

2人の息子を持つ現役働くママのブログです。男の子って、息子って、とほほな事多いですよね。その他、働くママのつぶやきを綴っています。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  92

シアトルへ その9~五日目~

だんだん、記憶が怪しくなって来た…(ーー;) そりゃ、そーだ。もうかれこれ7ヶ月も前の事だもんねぇ。そのうちに、一年経っちゃうよ(汗)

***********************************

ちぇいちぇいは元々順応性が高い子だったので、心配はしてなかったけど、やっぱり異国の地でもその順応力は高く、もうすっかりシアトル、アメリカに馴染んでる。あと、成長もしたかも。だって、あれ程心配した、車での移動でも、ずーーーっと大人しくジュニアシートに座っててくれてるし。てゆーか、後日談ですが、シアトルでの車で移動生活がすっかり気に入ってしまったらしく、帰国後「おうちにも車買ってよーー」とねだられる日々が続いております(^-^;

さて、本日は、シアトル郊外にある動物園に行く事にした。その動物園も、私は在住中に行った事がなかった。本当に留学中は余裕がなかったのねー。そして、行ってみてびっくり!な、なんじゃー、この規模は! ああ!キリンが檻のないところにいるぅぅぅぅ。ここはサバンナ? と、ずっと狂喜乱舞してしまったぐらい、自然いっぱいな動物園だったのだー。私は例の旭山動物園に行った事があり、あの見せ方、楽しませ方に感動したけど、ここはその比ではない!規模から、見せ方から、楽しませ方から、ほんとーーーーに良かった! もちろん、ちぇいちぇいも大喜び。いわゆる、動物が檻の中にいる系の普通の動物園しか行った事のないちぇいちぇいには、良い刺激になったみたい(*^-^)

お昼ご飯は、これまた定番の、おにぎりとフライドポテト。そして、親の罪意識を軽減させるために、日本から持参した「野菜ジュース」。食生活は生粋の日本人であるちぇいちぇいは、毎日のおにぎりに飽きる事なくほおばってる。日本で、少しはジャンキーなものを食べさせた方が、今後の海外旅行に役立つかなー…なんて思ったり。でも、私とだーりんがかたくなに、ジャンキーなものを食べさせない訳じゃないのよね。ハンバガーだって、ピザだって、何度も食べる機会あったのに、食べてくれないんだよね~。日本では、それでいいか、ってなるけど、アメリカだとホント困るわ。。

朝から乗り込んで、午後3時になったけど、全部は周りきれない程の規模。でも、今日はこれにて退散する事に。というのも、昨夜、持参のノートパソコンでだーりんがインターネットをしていたら、土日に会った私の友人からスカイプで話しかけられた(私は入浴中)。そして、またまたお誘いを受けたと言う。私がお風呂からあがった時には、もう会話は終了していて、彼女もオフラインになっていたので、「えー、平日なのに大丈夫なのぉ?」とだーりんに聞くと、「長男君が夕方6時から、小学校の校庭でサッカーの練習があるから、次男君と一緒にそれに行って、帰って来て家でピザでも食べない?」との事だったそう。夕方5時ぐらいに来てくれれば良いよーとの事。ピザ…、ちぇいちぇいが食べられない…と思ったけど、もう会えないと思った友人に又会える喜びの方が強く、おにぎりを多めに持って、またまたお邪魔する事に。

動物園から彼女らの家までは、普通なら1時間もあれば余裕で着く。でも、夕方は帰宅車ラッシュがものすごくなるのを私は知ってる。こういう時、元住んでたところって情報がわかってて良いよねー。ということで、早めの3時に動物園を出発。私の読み通り、まだラッシュ時じゃなかったので、スイスイと4時前に彼女らが住む街に到着。予想通り、ちぇいちぇいは途中で寝てしまったので、近くのスーパーに寄り差し入れのものを買い、明日が一日過ごせる最後の日になるので、ドラッグストアに寄って、自分が欲しいもの等をゲット。そうしてるうちに、ちぇいちぇいが起きて、だーりんと一緒にドラッグストアに入って来て遊び始めたので、予定よりちょっと早かったけど、友人宅へ。

友人宅へ着くと、長男君が「この間、お別れしたのに、こんなにすぐに会えるなんて変だよー」と流暢な日本語で、ちょっと照れ笑いしながら言った。ちぇいちぇいは、またの訪問に大喜び。次男君とすぐに遊び始める。どこへ行っても保育士になるだーりんは、またまた長男君、次男君、ちぇいちぇいを連れて外に遊びに行ってしまった。そのまま小学校に行くとのこと。お陰で静かになった家で、友人とまたまたトークトークトーク(^○^)。気づいたら6時が過ぎてて、慌てて小学校へ。

サッカーの練習はこの9月に入学したばかりの小学校の校庭で行われてた。友人に聞いてビックリしたのが、コーチはパパ達のボランティアなんだそうだ。その日は3人のパパがサッカーを教えていた。夕方6時に、娘or息子のサッカーのコーチが出来るなんて… 日本じゃ(東京じゃかな)考えられない事だよなー。私が留学中にインターンで勤めた会社の上司も、「今日は息子の野球のコーチの日なんだ!」って夕方4時ぐらいに帰って行った事があった。いいよなー。私はアメリカのこうゆうところが好き。

ちぇいちぇいと次男君はすっかり意気投合して、小学校の校庭で遊びまわってた。長男君は一生懸命サッカーの練習。遠巻きに見る私と友人のところに、他のママが来て、友人と二人で新一年生の話題で盛り上がり始めた。そのママの子も男の子で、やはり学校の話をしてくれない、って友人と一緒に嘆いてた。やっぱり、男の子って万国共通なんだなー。アメリカの男の子事情が垣間見れて面白かった。

サッカーの練習が終わり、友人宅へ戻ると、ピザが届いてた。友人がそれをオーブン入れてると、友人ダーリンが帰宅。皆でピザを食べる。一口食べて、おお、これはまさにアメリカンテイスト・・・ちぇいは絶対に食べられないなー(^-^; と思っていたのだけど、気づいたら食べてた!おおお!とうとう克服!!シアトル5日目にして、サバイバル術を身に着けたか?(笑) 前回同様、アップルパイにアイスクリームという、日本であり得ない(笑)、ちぇいにとって幸せなデザートを頂き、そして3人は泡風呂に一緒に入って、今宵はお開きとなりました。

今回こそが、本当のお別れ。シアトル滞在中、3日も一緒に遊んでくれて、子連れ家族としては感謝感謝感謝。しかも、長男君が小学校入学、次男君が幼稚園入園と慌しい9月に、よく付き合ってくれたよなー、と感謝しても仕切れない思いがいっぱい。また、絶対に遊びに来るからね! 彼らと一緒に遊んだ思い出は相当色濃いらしく、今でも彼らの名前を忘れず、この時の話をするちぇいちぇいなのでしたぁ。

さて、明日はシアトルで丸一日過ごせる最後の日。ああ、もうそろそろ帰るのか・・・と切ない思いを胸に、眠りに落ちたとさ。。
別窓 | 海外旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<祝5歳 | はたママのつぶやき | シアトルへ その8~四日目-2~ >>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| はたママのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。