はたママのつぶやき

2人の息子を持つ現役働くママのブログです。男の子って、息子って、とほほな事多いですよね。その他、働くママのつぶやきを綴っています。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  76

初めて5日も離れた 最終章

GWから早2ヶ月・・・
いい加減、この話題を終わらせないと先に進めないじゃん
という訳で、今更ですが最終章。

初めて、一人で一晩を過ごした我が家はとーーーーーっても寂しかったけど、次の日からは実家へ行ったので、寂しさはまぎれた。何よりも、だーりんが数時間おきに、写メを送ってくれ、ちぇいちぇいの神戸の様子が手に取るように分かり、寂しい気持ちも和らいだ。この時ばかりに、携帯文化に感謝した事ない!って感じ。

結局、ちぇいちぇいは5日も私と離れても全然大丈夫だった。初日、神戸の母に

「ママは?」

と聞いたらしいが、神戸の母が「ママはおじいちゃんの看病よ」と言うと、

「あ、お見舞いね」

と言い、それっきり「ママ」と一言も発しなかったらしい。

毎日電話すると、とってもとっても優しい優しい声で

「ママ~」

と言ってくれる。なんだか(いつものことだけど)私が励まされ、癒される。切る前に毎回「おじいちゃんとおばあちゃんとパパの言う事聞いてね。困らせないでね」と言っていたが、その通りだったらしい。

帰って来て、また3人の生活が始まって、つくづく思うのが、あの離れた5日間、ちぇいちぇいは本当に頑張ったんだな・・・って事。さいたまのおじいちゃん(私の父)が病気になった事を、ちぇいちぇいなりに「大変な事」と理解し、協力しようとしたんだと思う。

私は、ちぇいちぇいが0歳の時から、どんな事もつつみ隠さず、ちゃんと説明して来た。意味が分かろうと、分からないだろうと、気持ちを伝える事は大切な事だと思うから。

その成果はあった(あり続けてる)と思う。

キチンと説明した事で、ぐずられたり、てこづらされた事は「一度」もない。その変わり、説明しなかった事では、変にぐずられたりする事がある。

幼児だってちゃんと分かってるんだ。

父の癌は手術をすれば、10年生存率が90%と言うものだった。今月末に手術をする。父のおかげ・・・と言っては変かもしれないけど、初めて離れた5日間は、貴重な時間だった。私とだーりんが改めて、子供に伝える事の大切さを知り、ちぇいちぇいも家族を気遣える子に一段成長した。

神戸に電話するたびに、必ず、

「おじいちゃん大丈夫?」
「おじいちゃん治る?」

と聞いたちぇいちぇい。人を思いやれ、心配出来る子に育ってくれて本当に良かった。優しい気持ちをありがとう
別窓 | とほほな息子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<誕生日前夜祭 | はたママのつぶやき | 初めて5日も離れたその二>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| はたママのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。