はたママのつぶやき

2人の息子を持つ現役働くママのブログです。男の子って、息子って、とほほな事多いですよね。その他、働くママのつぶやきを綴っています。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  165

3月11日 東日本大震災の日のこと<徒歩帰宅前編>

すっかりのご無沙汰でした。5月に体調を崩し、9月に入院&手術、と色々ありました。その後は、もっぱら原発事故関係の情報収集や、OK FOOD情報を検索する日々。そんなこんなでブログがずっと放置状態に(^▽^;) Twitterが主になってました。

もう今更だけど、でもこれは完結させたいので、徒歩帰宅前編です。

*************************************

本震から2時間が過ぎ、社長とは連絡が取れないので、それぞれの判断を集結させ、業務停止にし、帰宅出来る人は帰宅する事にした。

以前、足立区で震度5弱を観測した地震の時、東京中の電車が一時ストップしてえらい目にあったことのある私は、東京が震度5じゃ、もう電車は当分動かないだろうな、と思っていた。

それぞれに聞いてみると、1人の女性スタッフは文京区に住んでいるので、徒歩でも帰れるとのこと。もう1人の女性スタッフは足立区なので、電車が動かないと無理。文京区に住むスタッフが、ダメならうちに泊まればいいから、とりあえずうちに来ればいい、と言った。

文京区と私の家だと、間違いなく文京区の方が近いと思ったので、それをお願いした。男性スタッフは埼玉に住んでいるので、とりあえずレンタカー会社に行ってみると言った(結局彼は会社に戻って会社に宿泊した)。

私は、徒歩で帰るしかないのだけど、いったいどれだけかかるのか想像がつかなかった。保育園に毎年提出する書類に、必ず「徒歩で帰宅する場合の時間」を明記する欄が、ちぇいちぇいの頃からあり、ぜ~~んぜん想像つかなかったので、毎年


2時間


と記載していた。実際、そんなもんかな~と安易に考えてた。だって、電車に乗ってる時間は20分なんだもん、近いかな?と思うじゃん(^^;

保育園に電話をかけてみると、3回ほどで繋がった。これから迎えに行きますが、電車が止まってるので徒歩で行くしくなく、いったいどれぐらいかかるかわかりません、と伝えた。先生はそれでも、


「何時ぐらいになりそうですか?」


と、聞くので、この時も


「2時間ぐらいですかねぇ」


と答えていた。実際は4時間かかったのだけど(ノ_・、)


私は地震前はクライアント先に行く予定で、受け取らなければならないものがあった。さらにそれを印刷会社に渡さないとならなかった。

これぐらいになると、固定電話から固定電話が確実に繋がるということがわかり、クライアントにも会社の電話からかけた方がかかるので、何度も連絡を試み、これが出発を遅らせる原因でもあった(実際会社を出発したのは17時半)。

クライアントはなんとか、私にそれを渡したがっていた。


「電車、止まってますよ」


と言っても、すぐに復旧すると思っているらしく、電車が動けば、どこどこまでは行けるとか、とにかく「もういいですよ。なんとかしましょう」とは言ってくれない(T-T)

しかたがないので、

「私は、とりあえず徒歩で子供を迎えに行くので、その後にどこかで落ち合えるかもしれないので、ところどころで連絡をいれますね」

と告げた。この時も、頭の中では2時間後にじくんを引き取って、だーりん母にお願いすれば、クライアントと落ち合えるかもしれない、とやっぱり安易なことを考えてた。

結局、この件は、JRが運休してしまったので実現せず、歩きながら何度もやりとりをし、印刷会社の営業さんが車で動いてるから、自分が直接引き取りに行きます、と言ってくれ、お願いをしたが、結局大渋滞でたどり着けず… という結果になったんだけどね。クライアントよ、早々に諦めてくれれば良かったのだよ(^。^;)

皆で一斉に会社を出た。当然、エレベーターは止まっているので、9Fから階段で降りた。私はじくん妊娠中、下りは必ず階段で降りるようにしてたので、それ以来でちょっと懐かしかった。

1Fに着くと、足元にコンクリートの破片が散らばっていた。上を見上げると、壁が一部剥がれ落ちてる。怖っ!!と皆で言いながら、避けてビルから外へ出た。ビルの外はたくさんの人が歩いていた。

私は途中まで、皆とわいわい歩いて行けるもんだとばっかり思っていたのだが、無情にも私1人だけがスタート地点から反対方向だった(T_T)


まじ?スタートから1人?(/ー ̄;)


急に心細くなった。とりあえず大通りを新宿に向けて歩き始めた。とにかくどこを歩いても、歩道は、人、人、人、だった。

この先にコンサート会場があって、皆そこへ向かってる、って感じの人並みが永遠と続いている。

歩いている間、何度も救急車が通った。やはりけが人が出ているのだろうか。iPodで音楽を聴きながら、もくもくと歩いた。

途中、何度もリダイアルを繰り返し、社長とやっと電話が繋がった。クライアントとも何度も連絡を取り合った。母とも電話で話した。

ふと、気づくと公衆電話がどこも長い行列を作ってた。携帯が繋がらないのか?、いや、私はさっきから、社長やクライアントや母と話せてる。あれ?と思って周りを良く見てみると、携帯で話してる人が1人もいない! そうか、私はPHS(ウィルコム)だから通じるのか。

実は、だーりんもウィルコムなのだが、前々日から岡山へ出張で行っていて、しかも昨日の延泊は急遽の事だったので、充電器を持って行ってなく、ウィルコムはこんな時に限って電源切れとなっていった(ばか。せっかく唯一通じたのに!)

新宿に着く頃には辺りは暗くなっていた。新宿に着いて、トイレに行っておいた方がいいかな、とトイレを借りれるところを探した。ユニクロの看板が見えて、ユニクロが入ってるビルならトイレあるだろう、とそのビルに入ると、「今日は閉店しました」の張り紙。新宿のアチコチのお店はほとんど閉まっていた。

やっぱりただならない地震だったんだ…

デパートが開いていたので入ると、2F以上にはいかれなく(エスカレーター等止まっていた)1Fのトイレは長蛇の列だった。

一時も早く子供達の元へ帰りたい気持ちの私は、長蛇の列に並ぶ気になれずデパートを出た。その先にビジネスホテルがあり、フロントには大勢の人が詰め掛けていたが、トイレはラッキーな事に空いていた。

途中、途中のコンビニもものすごい人。いちお入ってみたけど、ほとんど棚はすっからかんになっていた。

新宿を過ぎた辺りで、だーりんからメールを受け取った。


「JR終日運休決定」


えー。それじゃなんとしてでも、歩くしかないんだ。

すでに1時間以上が経過していた。この日は寒かった。3月11日は本当に寒かった。

私は歩いていれば身体も熱くなるだろう、と思っていたのに、熱くなるどころか冷え込む一方だった。歩いても歩いてもシンシンと寒かった。



これで本当に最後の最後。徒歩帰宅後編に続く。
別窓 | 東日本大震災 | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨
| はたママのつぶやき | 3月11日 東日本大震災の日のこと<帰宅前編>>>

この記事のコメント

No.160 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-22 Tue 04:25 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

No.5 -
管理人の承認後に表示されます…
2012-11-24 Sat 04:42
∧top | under∨
| はたママのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。