はたママのつぶやき

2人の息子を持つ現役働くママのブログです。男の子って、息子って、とほほな事多いですよね。その他、働くママのつぶやきを綴っています。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  156

言えなかったあの言葉を初めて言ってしまった…

久しぶりの更新なのに、こんな話題もなんですが…


子供を産んでも、アラフォーになっても、そろそろアラフィフだろうとも、自分の口から言えない言葉があった。


それは…

それは…

それは…





おばちゃん




( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)


だって、だって、だって、自分のこと、自分のこと、





おばちゃん




なんて言うの抵抗あったんだもん…。


これさ、もう自分自身への問いかけのひとつでもあったんだよね。



「いったい、あなたはいくつになったらそれを口に出来るのですか!?」



って( ̄▽ ̄;)


だってさ、基本的にはさ、ちぇいちぇいのお友達としか子供とは接しない。だから、


「ちぇいちぇいママ」


と自分の事を言えば良かったわけさ。例えば、児童館とか、そういうとこでも、知らない子に何か言う事があっても、無理矢理


「ちぇいちぇいママがやってあげようか?」


と言っていた。まあ、子連れでだったから、その手も使えたわけさ。無理くりかもだけどさ。まぁ、許容範囲。


それが、何故、とうとう、その言葉を口にしてしまったのかと言うと…





昨日、仕事で撮影の立会いがあった。それが子供相手。子役は一般素人。と、くると結構、盛り上げるのが大変。とある子役の男の子(小学1年生)だけ、付き添いの親がいなくてひとりぼっち。そのせいなのか、どんどんテンション下る、下る…

撮影のコンセプトは、子供の日常の楽しげな写真。テンション下げられては困る、困る。

私は男の子のママだ! だから、なるべくその子に話しかけて、コミュニケーション取って、気分を和らげてあげようと頑張った。

フレンドリーに話していると、普通の会話で「私」と言うところを、はぶいて何も言わないのって、やっぱりなんかおかしいんだよね。でも、子供相手に「私はね」とか「私が」とかって、なんだかやっぱり距離を縮められない気が…

ちなみに、付き添いのママ達には、早々に自分に男の子が二人いることをバラしていた。それも、気持ちを和らげてもらうため。その現場では、私は「クライアント側」に当たる。その人に子供がいるとわかれば、やっぱり緊張が和らぐと思ったから。

で、子供がいる事をバラしている以上、「お姉ちゃん」なんて自分を言うのは、もう通用しない。ちなみに、カメラマンの奥さんは、私の事を(子供をいるのを知ってて)自分の子供に(子役の1人)



「優しいお姉さんで良かったね」


と言った。




おぉ…(T▽T)




で、でも、でも、私がクライアント側だからって、その気遣いは…






苦しすぎる( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)






そこで、私の決心は固まったわけだよ。




おばちゃんデビューじゃーー!!




はあはあ… ←何息切らしてんの?( ̄▽ ̄;)



それは、お弁当タイム。私のお弁当には、私の嫌いなソーセージが入っていた。そこで、テンション下がりっぱなしの、小学一年生ボーイ君のところへ行って話しかけた。



「ねえ、ねえ、ソーセージいらない?」




「え?いいの?食べないの?」







「うん。おばちゃん食べられないから、食べて!」


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・





きゃーーーーーーーーーーーーーー!!!!(>o<")




言っちゃったよーーーーーー!!!!!(>o<")(>o<")(>o<")




おばちゃん



だって~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!(>o<")(>o<")(>o<")




って、そんなに騒ぐ事ですかいね?





いやいや、私には大事件ですよ!!!!!!




ふぅ…



言ってみて、やはり、まだまだ抵抗があった…。なんかうまい呼び方ない?大募集!!
別窓 | はたママ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<あけましておめでとうございます | はたママのつぶやき | 【1歳7ヶ月】遅れを取り戻してる最中>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| はたママのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。