はたママのつぶやき

2人の息子を持つ現役働くママのブログです。男の子って、息子って、とほほな事多いですよね。その他、働くママのつぶやきを綴っています。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  130

区立認可園にめでたく入園!

次男君を職場近くの保育園まで連れての通勤生活が、突然終わった。それは、

区立認可園に入園!!
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪


区役所からその電話を受けて、私は電話口でおいおいと泣いてしまった。だって、毎日新聞でもニュースでも「待機児問題」が取り上げられていて、来年の4月でさえ、本当に入園出来るのか分からない状況だったから。それから、やっぱり乳幼児を連れての電車通勤は、本当にストレスいっぱいだったから。

これで、もう安心。これで、私とだーりんがしっかり働いてさえいれば、6年間は安泰なのである。ああ、本当に本当に嬉しい(>_<)

ちぇいちぇいは、生後3ヶ月から、満3歳まで東京都認証保育園で過ごした。なので乳幼児期の認可園というのは親も初体験。

で、思うのは、やっぱり認可園はいいよ~~。手厚い。先生の人数が揃ってるし、広さも十分。そりゃあ、皆、認可園に入れたくなるよねー。

ああ、本当に入れて良かった(ノ_・、)
スポンサーサイト
別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  123

さよなら保育園

切ない、切ない、切ない…

とうとう、この日が来てしまった。ちぇいちぇいが保育園を卒園する。今日で、約6年間の保育園生活が終わるのだ…

6年前の7月。ちぇいちぇいは前園に入園した。生後3ヶ月のちぇいちぇいを抱っこして、保育園に連れて行った時の緊張感は今でも覚えている。こんな赤ちゃんを預けて復職する事が、本当に正しい事なんだろうか…と悩みに悩んでいたあの頃。。懐かしい。

生後3ヶ月から預けた事は正解とか、不正解とかじゃなくて、でも、ちぇいちぇいの成長を6年間見守って来て、

決して間違いではなかった

と思ってる。ちぇいちぃいは、0歳で自らお友達を作り、お友達から色々と学び育って行った。一人っ子だったけど、小さい子をかわいがる事、面倒をみる事も、保育園生活から学んだ。ほとんどの事を保育園で学び、保育園の先生達にしっかりと躾けてもらった。

本当に保育園のおかげで、私は仕事を続ける事が出来、そして、6年間楽しく育児が出来た。共働きで忙しかったけど、育児ノイローゼを経験する事なく、楽しい思い出ばかりなのは、やっぱり保育園のおかげだと思ってる。

その保育園生活が今日で終わる・・・

切ない、切ない、切ない

でも、等の本人のちぇいちぃいの気持ちは小学校に向いていて、

「明日から、小学校に行くんだよ!

と前向きに元気。(※ちぇいちぇいは、春休みは学校内にある、放課後スクール(学童のようなところ)に通うのです) 子供の前向きさを大人は見習わないとね。。とは思いつつ、私もだーりんも胸をえぐられたように、

「切ない、切ない、切ない

を繰り返している。

最終日、親達は皆同じ思いで、夫婦で迎えに来てるところが多く、そして、誰もが去りがたい気持ちいっぱいで、立ち話しに花が咲いた。

そして、保育園を出て、ちぇいちぇいは最後の寄り道。お友達の家経由で帰る寄り道。この寄り道をされると、家に帰るの遅くなり(遠回りにもなり)本当にやっかいだったけど、それも今日で最後か…と思うと、やっぱり、

切ない、切ない、切ない

せっかく前向きなちぇいちぇいなのだから、涙は見せずに朝から笑顔を通した私だったけど、皆と別れて、だーりんとちぇいちぇいと3人で家に向かった時に、こみあげて来るものを押さえる事が出来なかった。

空を見上げると、そこには三日月。その三日月がぼやけて行く…

ちぇいちぇい、6年間元気に通ってくれてありがとうね。毎日毎日、楽しそうに通ってくれてありがとうね。ちぇいちぇいのおかげで、色々な素敵な出会いがあり、保育園で知り合えたママパパ達は、ママとパパにとって、とても大切な出会いとなったよ。

何もかも、本当にありがとう。楽しい保育園時代を本当にありがとう。
別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  63

クラスメート達との集い

先日、保育園のクラスメート達家族の集いがあり、参加して来た。総勢、10家族。子供は二人目を含めると15人。あ、ここに書いて気づいたけど、集まったクラスメートは皆、第一子だったんだな。

私は保育園のママ達とおしゃべり出来る、こうゆう機会が大好き♪ 地域にもよるとは思うのだけど、前園にしても、今の園にしても、フルタイムで働くママばかり。私の知ってるママ達の限りでは、産休後復帰、もしくは育休後復帰、と子供が出来た事によって退職しなかったママ達ばかり。よーするに、私と同じ人達ばかり。

今まで私の周りには、私のように子供が出来ても仕事を続けた人がいなかった。私の母は一生専業主婦の人だし、友達でも、親戚でも皆いったんは、専業主婦になる。唯一が、だーりんの母。私はたぶん、この人のおかげで、最終的に「はたママ」の決心がついたんだと思う。

生後3ヶ月のちぇいちぇいをあずけて、復帰した時、「え?じゃ、赤ちゃんは?」と聞かれ、「保育園よ」と言うと、「えー、かわいそう・・・」という台詞を何人に言われた事か(^_^;

と言う訳で、保育園ママ達の中にいると、「ほっ」とする。励みにもなるし、元気づけられるし、情報交換も出来るし。あとは、共働きだからなのか、

パパ達が積極的

この間、4家族で小旅行に行ったのだけど、その時もパパ達4人で計画を練ってくれて、メール交換して、当日も場所、場所で打ち合わせをして・・・と頑張ってくれた。ママ達は皆、のほほ~ん♪

私は「はたママ」な事が一番自然体でいられる。保育園ママ達もそんな感じ。やっぱり仲間っていいよ~。この仲間達とあと2年も一緒かと思うと、とっても嬉しい

話が思いっきりそれたけど、クラスメート達との集いはとっても良かった。マンションの集会所で行われたんだけど、大人達は当然酒盛り(笑)子供達は、普段毎日一緒に過ごしてるおかげで、ほっといても仲良く遊んでる。なので、ママもパパも子供に背を向けて、飲んでおしゃべりして(笑) 別れ際、大人達が皆「楽しかったー」と言い合いながら別れましたとさ。こうゆうひとときは宝よね

別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  62

祝進級!

4月、新入園、入学、進級ですねー ちぇいちぇいも無事に完全年中さんになりました

思えば一年前、超緊張で今の園に登園したんだなー。たった一人で、ママとパパと離れて、良く頑張ったよ。あれから一年が過ぎて、ちぇいちぇいはすっかり、新しい園の子になり、私とだーりんもママ友、パパ友が出来て、楽しい保育園保護者ライフを送ってる。

担任の先生が変わって、ちょっぴり不安定になってるけど、クラスメートは変わらないのが心強い。お友達に感謝、感謝。

ちぇいちぇいに「年中さんの担任の先生のお名前は?」と聞いたら、

「だんご!

だとよ いったいいつになったら、色々と報告してくれるのやら。。。年中さん初日もやっぱり、とほほ~。
別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  37

新入園おめでとう

すっかりご無沙汰してる間に、ちぇいは元園を卒園し、公立園に無事入園しました~。それに合わせて引越しもするので、更新しなかった間はドタバタ。


卒園式なるものは、やっぱり泣けましたわ~。前半は発表会。去年に比べたら、1年分ちゃんと成長してた。去年は、楽屋でバイバイする事が出来ず、大泣きだったのに、今年は「これがお友達と一緒にやる最後の発表会だから、頑張ってね」と言うと、スンナリとバイバイしてくれて、そして本当にシッカリと遊戯を披露してくれた。


入園した時は赤ちゃんだったのにな~


シミジミしちゃいましたよ・・・。そして卒園式では、担任の先生が涙涙でちぇいに贈る言葉を読んでくださり、私も生後3ヶ月からの事が走馬灯のようによぎり、涙、涙、涙。

そんなこんなで、3/31に元園とさよならして、4/3から公立園へ入園。ちぇいちぇいは生後3ヶ月から元園に約3年も通ってたので、親の方が新入園に緊張してた。なんせ、ちぇいは超人見知りで、元園に研修生が入っただけで、私とすぐにバイバイが出来なかったりしたから・・・。

というわけで、我が家では、だーりんだけでなく、妹と母にも協力してもらって


「新しい保育園、いいなー。楽しいよぉ!」


と、ちぇいの気分を皆で盛り上げていたのでした。ちぇいも単純君なので、「はやく行きたいよー」とか「ちぇいちぇい、新しい保育園行くの、うれちい」なんて言ったりしてくれてた。

そして、4/3。保育園に着いてさっそく新しいおもちゃで遊び始めるちぇいに「じゃあ、ママ行って来ます」と言うと、「ぎゅー(ハグ)、バイバイ!」とアッサリと言ってくれた!

なんだか信じられず、しばらく保育園に居残り、先生に様子を見て貰ったり、外から覗き見したりしたけど、マイペースに遊んでる! その後、元園から今の園に一緒に入れた女の子のママからもメールがあり、


「ちぇいちぇい君、電車で遊んでて、すっかりクラスに溶け込んでたよ」


と嬉しい知らせ。初日は定時であがり、ダッシュで迎えに行ったけど、「帰りたくな~い」なんて言うし、担任の先生にも「前からいる子みたいでしたよ」と言われた。


私は思った。子供って親が認めてないだけで、本当はたくましいんだな、って。


入園前人見知りだからと、新入園の日を心配してた私に、園長先生が優しくこう言ってくれた。


「お母さん、子供はたくましいんですよ。そんな心配しなくて大丈夫よ」


本当にその通りだった。ごめんね、ちぇいちぇい。ママは君と対等にしていたつもりで、思いっきり赤ちゃん扱いしていたのだね。ママもベタな親じゃんね。いやあね。そうはならない、なんて頑張ってるつもりだったのに、あー、本当にベタベタやん。


「ママとパパは会社。ちぇいちぇいは、○○保育園!」


と元気に言うちぇい。君のその言葉をちゃんと受け止めるよ。君は本心でそう言ってくれてるんだね。それを裏付けるかのように、ちぇいちぇいは生き生きしてる。転園して本当に良かった。そして再来週は、大好きなコッコちゃん(私の妹)とバイバイして、家族3人の新しい生活が始まるね。まだまだ別れが続くけど、家族3人で頑張って行こうね。

別窓 | 保育園 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  36

卒業式シーズン

そろそろ、今通ってる保育園でも「卒園式」なるものがあります。ちぇいちぇいは、卒園ってよりは途中退園。でも、無認可保育園なので、卒園して小学校にあがる子よりも、途中退園で他の保育園or幼稚園に行く子の方が多いので、そうゆう子も皆「卒園」扱いになるの。



あ~あ、「卒園式」は絶対に泣いちゃう



だって、生後3ヶ月~3歳まで通ったところだもん。最初の1年は、毎日2回授乳に通ったりもしてた。その時にちぇいと一緒にハイハイしてた赤ちゃん達は、皆もう達者にしゃべる。



私を見て、ちぇいちぇい君のママ~~!って言ってくれる。みんな、み~~んなかわいい。そんな皆とのお別れ、そして思い出深い園とのお別れ。ああ、絶対に最初から最後まで泣くよな~



最近、ちぇいちぇいが良く歌を歌ってる。



♪ともだちになるために♪
♪人は出会うんだよ♪
・・・・
♪いままで、であったたくさんの♪
♪きみときみときみときみときみときみときみと♪
♪これからであうたくさんの♪
♪きみときみときみときみと、ともだち♪



ちぇいなりに、お友達とのお別れを分かっているんだろうな、と思う。ちぇいがこの曲を歌う度に、ウルウルしてる私なのだ。。。



卒園式は思いっきり泣こう。そして、4月からは新たな出会い、新たな園でのちぇいの成長を、楽しもう。桜の時期はやっぱり、お別れの時期よね。そんな風に思う時、「あ~、私って日本人なんだな~」と思うわ~。その昔、アメリカに留学していた時、桜を見るとな~んか泣けたもんな~。。。

別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  21

保育園問題

ここのところ、ちょっと話題にあげていましたが、例の保育園で起こった問題が解決しました。あ~、大変だった。

結論から言えば、



保護者の勝利!



いえ~い。でもね、そんなウカウカと喜んでもいられない。うちは民間の保育園なので、前にも言ったとおり戦う相手は「本社」だった。この本社ってのが頭が悪い。ハッキリ言って頭が悪すぎ(-_-;



企画倒れな「イベント」を、現場の先生や保護者の意見を聞かずに立ち上げ、決定し、そして結末はオソマツながら「中止」となった。



詳細を言えないのが残念だけど、誰が聞いても「????」と言うような、オソマツな企画。



先生や保護者の負担も、一番大切な「それで本当に子供が楽しめるのか」と言う事も全く考えられてない、イベント企画。今回は、ほとほと疲れたけど、良い勉強になりましたわ。



保育園の民営化が騒がれてる昨今だけど、やっぱり「民営」と言うのは、色々「難」ありだな、と思った。もちろん、良い企業もきっとあると思うけど。



そんな訳で、うちは兼ねてから悩んでいた「公立」への転園を決めた。しかし、現実はそう甘くはない。うちの区は激戦区らしい。希望の園に4月から入れる確率は、



5人に1人



これで少子化対策に本気になっているのかよ。はあ、親の心労はまだまだ続くよ・・・



↓良かったらクリックしてくださいね
FC2 Blog Ranking

別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  10

(保育園の)経営会社に喝!

始めたばかりなのだから、サクサクと更新し続けたかったのに、保育園で問題が勃発!あまり詳しい事が言うと、色々な事が特定されちゃいそうなので、詳細は語れないのが残念だけど、私はとうとう立ち上がった!保護者代表になって、皆の意見をまとめて、なんてしる。



あのね、私を怒らせたら怖いのよ



私がおっかな~い顔して、ガンガンパソコンに皆の意見を打ち込んでいたら、泊まりに来てる母が、



「うち(母方の意味)の血よね~。やれやれ~!」



と激(?)を飛ばしてくれた。そうです、母方には「泣き寝入り」なんて言葉は存在しません。母方のいとこ達が、医療訴訟で勝訴した事もある。



だから、うちの血を怒らせたら


怖いんだってば



ちぇいちぇいが通ってる保育園は民間なので、敵は「本社」なり。本社よ、見てろよ~~!!!



ついでに、息子よ、ママが本気で怒ったら怖いのよ。覚えておくよーに



↓クリックしてくださると、さらに頑張れそうです(*^_^*)
FC2 Blog Ranking


別窓 | 保育園 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| はたママのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。